3gatsulion4画像出典:3月のライオン4巻

3月のライオン4巻のネタバレです。

4巻に含まれるエピソードは「島田の研究会・獅子王戦決着(島田VS宗谷)」です。

この巻は島田視点のエピソードが多く、今までの零視点とはまた一味違うストーリーになっています。テーマは天才と凡人でしょうか。

凡人だけれど思いやりにあふれている島田に感動させられます。

※この記事には3月のライオン4巻のネタバレ内容がガッツリ含まれています。コミックスを見るよ!という方は閲覧にご注意ください。

スポンサーリンク

3月のライオン前巻(3巻)のおさらい

3巻に含まれるエピソードは「川本家での年越し、獅子王戦(零VS辻井、零VS島田、島田VS後藤)」です。

将棋のシーンが多めです。どっちが勝つの?というスポーツ漫画的なドキドキ感も味わえました。

3月のライオン3巻を振り返りたい方はコチラから。↓ ↓
>>3月のライオン3巻の内容ネタバレ感想!獅子王戦と島田VS後藤

3月のライオンの試し読みは?

3月のライオンは現在12巻まで続いている人気作品です。アニメでは原作を忠実に描かれていますが、もっと続きを知りたい方は原作を読んでみると良いですね。

以下ネタバレを含むので、原作で内容を知りたい方は無料の試し読みもオススメです。

「3月のライオン」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

→3月のライオンを無料で試し読み   

3月のライオン4巻の内容ネタバレ

島田の研究会

 

島田の研究会に入った零は、島田の同期である重田、二階堂と四人で、島田の家にて研究をすることに。

研究会では一日に2~3局指し、それが終わると今度はその将棋について検討・反省を行う。自分以外の視点を取り入れて成長する場だった。

零も前のめりになり、重田・二階堂たちと将棋について語り合う。

 

二階堂の覚悟

 

後藤に勝利した島田は、以前から色々な人の憧れのような形で描かれてきた獅子王・宗谷冬司に挑戦者としてぶつかることになった。

大きな会場を前にして「自分も絶対にタイトル戦に挑戦する」と言う二階堂を見て、零は自分が悩んでいる間に二階堂は覚悟を固めていたのかと少し動揺する。

 

島田のふるさと

 

宗谷は21歳最年少で名人に就任し、史上初七大タイトルすべてを制覇した人物で、それから十数年の間誰にもその座を譲っていなかった。

第一局、島田VS宗谷は宗谷が勝利した。

獅子王戦は第七局目まであり、島田は宗谷を相手に二局勝てば(四局先取で勝利のためどちらかが二局勝てば最低でも六局目までもつれこむ)、六局目で故郷・山形の会場で将棋を指すことができるという状況だった。

 

零と香子

 

獅子王戦の際に零に会った父は、香子を心配していた(香子は零の家へ行くと嘘をつき遊び歩いていた)。

島田VS宗谷の一局目が終わった後香子は零のもとへやってきて、「父に何も言うな(後藤についてなど)」と釘をさし、「また他人の家に上がりこんでめちゃくちゃにするの?」と川本家について揶揄する。

その晩、香子は零の家に泊まり、零は姉弟にも他人にもなりきれず何も変えられない自分を振り返っていた。

スポンサーリンク

 

零と島田

 

島田の家で行われる研究会にて、二階堂が零と同じC級1組になったと知らされる。

その後、ひとつの局面についてより良い打ち方は何かを話し合っている際、零は局面を「3七銀が気持ち悪い」と表現する。島田はこの言葉に反応し、帰り際、明日は零一人で来てくれないかと持ち掛ける。

翌日零は島田の家へ行き、二人で長時間にわたって将棋を指した。その際に、島田のふるさとである山形についても少し話を聞く。

そして翌日、二局目でも敗れた島田は獅子王戦第三局のため、徳島へ向かった。

 

島田の過去

 

零はなんとか無事に進級が決定し、3月、短い春休みが始まった。

そして、島田VS宗谷の第三局はまたしても宗谷の勝利となった。

ここで島田の回想に入る。島田は幼い頃近所のおじいさんたちに教えてもらった将棋でめきめきと腕をあげ、東京の奨励会に通うようになったが、上級者相手にはなかなか通じず、三段リーグで何年も動けなくなった。島田はこのときから胃痛を抱えている。

島田は零が零が宗谷と似ていると言う。これは「3七銀が気持ち悪い」と同じせりふを宗谷も口にしていたことや、将棋に対する視点などだった。

 

獅子王戦が決着

 

そしていよいよ第四局が京都にてはじまった。胃痛を抱え具合が悪そうな島田を放っておけず、零は結局京都まで一緒にやってきた。

二日目、零は戦局をそれほど悪くないと見ていたが、まわりの空気は宗谷持ち一色だった。

結局島田が四連敗という形で獅子王戦は幕を閉じるが、終盤、宗谷の王が詰んでいたことに島田は気が付かなかった(=宗谷の王を詰ませるほど島田も強かった)。

3月のライオンの関連記事

アニメ1期のあらすじネタバレ

>>3月のライオンアニメネタバレ!最終回までのあらすじ内容まとめ

3月のライオンのコミックスネタバレ

1巻:3月のライオン1巻内容ネタバレと感想!零の将棋と川本家の過去

2巻:3月のライオン2巻の内容ネタバレと感想!香子の登場と零の獣

3巻:3月のライオン3巻の内容ネタバレ感想!獅子王戦と島田VS後藤

4巻:この記事

5巻:3月のライオン5巻内容ネタバレ!ひなたが学校で抱えた問題

6巻:3月のライオン6巻内容ネタバレ!病気の二海堂と新人王獲得の零

7巻:3月のライオン7巻の内容ネタバレ!新人王と宗谷との記念対局

8巻:3月のライオン8巻内容ネタバレ!柳原永世棋匠か島田初タイトルか

9巻:3月のライオン9巻の内容ネタバレ!宗谷対土橋の名人戦の決着

10巻:3月のライオン10巻内容ネタバレ!父・誠二郎に結婚宣言する零

11巻:3月のライオン11巻の内容ネタバレ!三姉妹の妻子捨男との決別

12巻:3月のライオン12巻内容ネタバレ!藤本と土橋の棋竜戦の決着

 

※他の2017年冬アニメネタバレはこちらから!

>>2017年冬アニメ・ネタバレ一覧!!

 

細かい内容は原作を読んでみるともっと面白いはずです!

「3月のライオン」で検索

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
→3月のライオンを無料で試し読み   

3月のライオン4巻の感想

今までは零視点で天才ゆえの苦悩が描かれてきましたが、今回は島田視点で凡人ゆえの諸々が描かれています。

物語として派手で面白いのは零視点かなと思うのですが、切なくなるというか、一番共感できたのは島田のエピソードでした。

田舎では強くて天才と呼ばれたけれど三段リーグに入ったら凡人だった、というのが、どこまでいっても天才っぽい零と対比して見て切ないです。

零が宗谷に似ているという島田の言葉が今後どんな伏線になってくるのかも楽しみですよね。

というわけで以上「3月のライオン4巻ネタバレ感想!島田VS宗谷と獅子王戦の決着」でした。